おいしい話には裏がある



眠れない時はゾピクロンの睡眠薬

仕事をして、体が疲れると、ベットに入ったら、のび太もびっくりするほどの睡眠力で、ぐっすりと眠れる。これは、私の20代の生活の環境的な流れでした。でも、今の私は違います。疲れは有りますが、どんなに疲れていても、ベットに入ったとしても、眠れません。悩み多き私としては、ストレスや不安、これが原因で、不眠症状に悩まされているわけですね。

これはほんとうに辛いことだと思います。では、この悩みを解消するにはどうしたらいいのでしょうか?今までは、色々試してきました。例えばお酒ですね。軽いお酒を飲むことで、確かに眠れるのですが、しかし、夜中になると目が覚めてしまうのです。コレはいけないですね、、、。

そこで、個人輸入の販売店で購入することにしたんです。それがゾピクロンという睡眠薬です。これはアモバンという商品名の薬の成分になりますが、脳のGABAを抑制することで、興奮を抑えるために、ぐっすりとした睡眠を高めることができるんですね。つまり、私は興奮状態が高まっていたために、不眠症に侵されていたわけです。ただし、このゾピクロンは異常なほどまずい、、、。これがかなり悩まされているところなんですが。まぁ、致し方がないという感じでしょうか。


[PR]
by xedumjbk | 2014-12-13 18:33
<< 健康的な体をつくり上げるために 仕事に対する捉え方 >>


ありのままの自分探しを
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ